薬剤師転職エージェントランキング

転職をご検討中の薬剤師の方は無料の専門エージェントを賢く使おう

「薬剤師転職エージェントランキング(大手サービス徹底比較)」へお越し頂きありがとうございます。当サイトでは、就職・転職を検討している薬剤師の方に求人募集情報を紹介している人気エージェントをランキング形式でご紹介している薬剤師の方向けの総合情報サイトです。

当サイトでは最新情報を踏まえて、常時人気No.1転職エージェントを決定していますが、現状では大手リクルートグループ運営のリクナビ薬剤師がランキング1位を獲得中です。リクルートだけでなく掲載サイト全て無料ですのでお気軽にご利用下さい。

薬剤師転職エージェントランキング!人気No.1転職サービスはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
転職大手のリクルート運営の「リクナビ薬剤師」は薬剤師さんの仕事探しも実績No.1!
■専任コンサルタントは条件相談だけでなく先方と交渉もOK。だから転職後は抜群の満足度。
■優良求人の数は、業界トップクラス!非公開求人も多く、求人数のおよそ7割は非公開求人!
 非公開求人が、数多く揃えられている分、ライバルが少なく、就職にも有利な点は◎!
■採用先から定評がある大手のリクナビ薬剤師だから好条件の非公開求人が広く集まります
転職する企業や病院の情報を知り尽くした専任コンサルタントが転職を効率よくサポート。
■「年収を増やしたい」「残業を減らしたい」どんな望みを専任のコンサルタントが交渉します。
■「アピールが苦手で面接失敗」、でも専任コンサルタントの「模擬面接」で見事クリア。
■応募書類は転職への第一関門。書類審査に強い書類の作成指導で、見事次の段階「面接」へ。
■初回登録は1分そこそこでok。その後に具体的な求人先のデータを見て動き始めましょう。


>>>公式申し込みページへ進む

マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第2位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
転職業界大手・マイナビグループ運営サイト!「簡単・納得・安心」で多くの支持を獲得!
 大手グループだからできる斡旋先のネットワークを保有しておりワガママな希望も実現!
■薬剤師転職を知り尽くしたキャリアコンサルタントの完全サポートで希望通りの転職を実現。
■一人一人の希望条件に合わせたもっとも「有利な条件の求人をご提案」。だから納得の入職。
公開求人数業界最多の49,000件以上、非公開求人や当社独自の求人も常に用意しています。
■人柄・知識、選び抜かれたキャリアコンサルタントは「マイナビ薬剤師」自慢の陣容です。
■登録から入職まで1週間の実例があります。お待たせしないスピーディーな対応が好印象。
「抜きんでた情報量の多さ」+「質の高い情報」で圧倒的な支持と信頼が寄せられています。
■厚生労働大臣認可の転職支援サービスなので安心感が高く利用料も完全無料です。
■「転職に成功して年収が200万円アップした」「残業が減り勤務時間が正常化された」
 「夫の転勤で東京に引っ越す時に高待遇の東京の求人が見つかった」など喜びの声多数!


>>>公式申し込みページへ進む

薬キャリ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第3位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■コンサルタントが自分の目で確かめた「病院や店舗の雰囲気」。安心して働ける職場を紹介。
非公開求人を常時多く保有して、年間7,000人以上の薬剤師さんに紹介しています。
■薬剤師支援に特化したエムスリーグループ(東証一部)だから安心。内定実績は80%以上!
■驚異のスピードが誇りです。入職までが最短3日。遅くても2週間後には理想の職場に入職。
■「家庭と両立」、厳しい条件もコンサルタントが粘り強く交渉し、納得のいく職場を紹介。
■業界トップクラスの求人件数だからこそ出来る、お住まいに近い優良案件のご紹介が可能に。
■エムスリーキャリアのコンサルタントは、転職提案から条件交渉、勤務地リサーチ、面接調整と
 すべての就職におけるサポートを『無料』で行います。薬剤師は完全無料で利用可能です。
■エムスリーキャリアのキャリアコンサルタントのサポートは、単に求人を提供するだけでなく、
 薬剤師さんとり一人に適した求人を提案するから、転職の後の離職率が低いのも特徴の1つ。


>>>公式申し込みページへ進む

ファルマスタッフ 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第4位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■転職に妥協しないファルマスタッフは、納得できる入職を実現。入職後の離職率が低いです。
■得意とするのは調剤薬局ですが、他にも病院、製薬MRなど新分野の職場を紹介。
■登録から応募書類作成・面接対策・就業条件の交渉など専任キャリアコンサルタントが担当。
■職務経歴書は「自分を売り込む」パンフレット。「会ってみたい」と思わせる書き方を指導
■円満退職したい薬剤師にファルマスタッフの専任担当者がきめ細かなフォローします。
■「お待たせしない」をモットーに、登録からすぐに担当サーチコンサルタントがご連絡
■薬剤師に特化した経験豊富な専任のキャリアコンサルタントが転職をサポートします。
■本当に『納得』出来る・後悔しない転職ができる大手のファルマスタッフだからこそ
 薬剤師が本当にやりたい仕事が見つかります。調剤薬局の求人では優位性が高いです。


>>>公式申し込みページへ進む

薬剤師転職
ドットコム
無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
業界最大規模のネットワークと東証一部上場の薬局グループが提供する信頼のサービス
■専任のコンサルタントが、薬剤師のキャリアプラン、経験を考慮し、最適を見つけるから
 納得できる仕事が見つかります。調剤薬局以外も病院薬剤師や治験薬剤師など案件を多数保有!
■流れ作業の「転職紹介」じゃないから、「納得のいく転職先」となり転職後の生活も希望通り。
■真剣に考える転職だから、「高収入」「駅近」「残業ゼロ」などの「ワガママ」と取組みます。
■プロがおすすめする求人提案「納得のいく転職と満足のいく採用」に人気が集中しています。
■転職につきものの退職。引き継ぎや退職願、各種手続きまで、しっかりサポートで円満退職。
■転職成功者は薬剤師転職のパートナーです。キャリア相談などお気軽にお声をお掛け下さい。
■職場の雰囲気やスタッフの人柄など、求人票にない「生の情報」を集めて提供しています。
■経験とスキルだけでなくパーソナリティーやキャリアプランを考慮・反映した求人先をご紹介。


>>>公式申し込みページへ進む

MC-ファーマネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
  • 第5位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • オススメ度
  • ★★★★
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■納得の就職へ導く!薬剤師のための転職エージェントが「MC-ファーマネット」です!
■顧客満足度No1を目指すMC-ファーマネットだからこそ、求職者が望む求人を提案します。
■求人件数は、1万件以上の医療機関ネットワークを持つ、トップクラスの転職サービスです!
■薬剤師転職の提案には妥協しないからこそ、求職者にとっての納得できる仕事提案ができます。
 『高満足度&低離職率』がモットー!『妥協のない』満足の転職ができます。
■表に出ない求人、非公開求人も多数保有しているからこそ、量&質ともに満足度◎
■求人を紹介するだけでなく、入職後におけるサポートも万全だからこそ転職後の不安がない!
■質の高い求人、数の多い求人、一人ひとりの希望に合うコンサルティングを行い完全サポート!
■調剤薬局から、ドラッグストア、病院、MR、CRAと薬剤師の活躍できる求人を多数保有!


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトではリクルート提供のリクナビ薬剤師が大手運営の安心感で1位を継続中です。
※同じく大手の転職企業が提供するマイナビ薬剤師も併せて人気が高いです。


薬剤師転職エージェントで調べると転職先は「調剤薬局」が中心!

薬剤師が転職をするにあたり、業種自体を選ばないという場合、転職場所は正直たくさんあります。 その中でも特に調剤薬局やドラッグストアにおける薬剤師求人は常に存在し、採用意欲は強い傾向にあると言えます。 薬剤師が転職を考えた時、その求人を見つける事というのは難しくないというのが現実です。

薬剤師の転職先は大きく、調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業(製薬・治験など)と考えられるわけですが、実際のところ薬剤師の転職が多いのは、調剤薬局から転職し別の調剤薬局へ転職するケースが一番多いです。これは下記のように転職エージェントで検索してもわかりますが「調剤薬局の求人が一番多い」からです。全体で49,237件の中で32,042件が調剤薬局の求人なのです。調剤薬局についで多いのはドラッグストアで、調剤併設とOTCを併せると13,000件程度掲載されています。


(参照:マイナビ薬剤師※検索画面)

つまり、大半の薬剤師は調剤薬局やドラッグストアへ流入している構図が成り立ち、逆をいえば調剤薬局から製薬企業へ転職するとか、他の業種へ転職するという事は実際のところ少ないのが実情です。 (まあ普通に生活していて薬剤師さんを見かける場所を考えるとわかるのですが調剤薬局やドラッグストアが多いです。職場が多いということは求人も多いということですね。調剤薬局の求人が多いのです。)

企業への転職者が少ない理由には、やはり製薬企業等では経験者が優遇される事となり、未経験者の場合は、いくら薬剤師資格をもっていても非常に難易度が高くなるという点があります。 こうした事を背景に薬剤師の転職状況を見ると、調剤薬剤師の転職先は調剤薬剤師であり病院薬剤師はまた別の病院薬剤師になるというケースが多いと言えます。 中には、病院薬剤師から調剤薬剤師へ転職、製薬企業の薬剤師が調剤薬剤師の道を選択するケースもありますが、多くが同じ業種から同じ業種へ転職するケースが非常に多い事は確かです。


薬剤師の採用先ランキング

ランキング1位:「調剤薬局」
医薬分業が進むこの業界では、調剤薬局の数は2004年で約5万件だったのに対して最新では約6万件と増加傾向にあります。この様な背景から、調剤薬局で勤務する薬剤師の割合は年々増加傾向にあります。基本的には病院から出されて処方箋に記載の薬を調剤し、患者さんに説明の上、販売することが業務となっています。

ランキング2位:「ドラッグストア」
ドラッグストアは、「登録販売者」と言われる、いわゆる規制改革による改正薬事法で新設された一般用医薬品を販売する資格保有者の就職先でもあります。しかし第一類と言われる薬については、その販売を薬剤師のみに権限が与えられており、薬剤師の求人も絶えません。医療用医薬品以外の一般用医薬品、トクホ製品等も販売し、レジ、陳列、発注管理の業務も任されるケースも多く、より小売業に近い業務も必要となってきます。

ランキング3位:「病院・クリニック」
医薬分業の流れにより、院内処方箋の割合は年々減少傾向にあります。このため、院内薬局を閉鎖する病院も出てきていますが、やはり同じ建物内にあったほうが患者さんとしてはメリットも大きいため、一定規模の病院では今後もしばらく院内薬局を併設する形は続くでしょう。院内で処方された処方箋に記載の薬を調剤し、患者さんに説明の上、販売することが業務内容となっています。

ランキング4位:「製薬企業の研究開発・MRなど」
専門性を生かした就職先して、薬品を製造・販売している製薬会社があります。専門的知識を用いて、研究開発に携わるケースもあれば、販売支援としてマーケティングに技術的観点からサポートする道もあります。最前線としては、MR(医療情報提供者)という立場でより、現場(処方元)に近い仕事もあります。

ランキング5位:「行政機関」
都道府県職員、国家公務員、市町村職員、勤務する形となります。この場合、公務員試験をパスすることが必須条件となってきます。調剤薬局の設置許可審査、保健所、その他環境衛生、食品衛生関連と活躍の幅は広いです。

薬剤師転職エージェントを利用するのが当然の時代に!

上記のように、転職先の種類さえ選ばなければ転職が比較的な薬剤師ですが、薬剤師の転職理由に一番多いのが結婚や出産を機にというプライベートな問題に関わる転職理由で、仕事の内容に不満・キャリアアップをしたいという理由がそのあとに続きます。どういう理由であれ転職が容易にしやすいというのは薬剤師の強みです。

では具体的に転職する時にどのようなステップを踏むかというと結婚などプライベートな理由の転職でも仕事のキャリアアップのための転職でもまずは大手の転職エージェントに登録する必要があります。使うなら絶対に大手がいいです。理由は求人数が多く求人の質も高いので使い勝手がいいからです。

例えばですが薬剤師転職エージェントの中で知名度・実績でトップレベルと評価できるのがリクナビ薬剤師です。まずリクナビ薬剤師では、調剤薬局・ ・ドラッグストア・病院など雇用先のタイプ、内科・外科などの診療科目、土日休みや高額給料などの働く条件、あとは地域などによって求人をスクリーニングできます。公開求人全体で5万件以上あるのでこういった的確な検索機能は重宝します。

あとなんといっても薬剤師転職エージェントの最大のウリは担当者をつけられることです。もちろん上記のように自分で検索してもいいですが非公開求人も多いので担当者に条件を詳細にシェアしておくことでマッチした求人が出た時に知らせてくれます。その先の転職活動でも職務経歴書などの重要資料の作成や、面接対策・面接の同行などサポートをしてくれます。

実際、薬剤師転職エージェントを使っている転職活動者とそうでない人を比べると情報収集にかかる時間・手間から、実際の内定率まで大きく差が出ることがわかっています。自分一人で転職活動を進めるということは、周りの薬剤師が武器を持って戦っている時に自分だけ素手で戦場にいくようなものなのでいまの時代は薬剤師転職エージェント利用はマストといっても過言ではないでしょう。まだ登録が住んでいない方はまずは大手の中からいくつか登録してみましょう。

転職エージェント ポイント
リクナビ薬剤師 転職系TOP企業のリクルートが薬剤師に特化して提供するエージェントサービス。事業規模の大きさ・雇用先からの信頼度・スタッフの質の高さは業界No.1!
マイナビ薬剤師 人材関連でリクルートと並ぶ知名度のマイナビが提供するエージェントサービス。当サイトのランキングでも2位にいて常に申込者がいる人気転職エージェント。
薬キャリ 薬キャリはエムスリーグループ提供のサービス。エムスリーは人材系というより医療系企業。医療エリアでのコネクションをフルに生かしたサービス。
ファルマスタッフ 大手転職エージェントの中で唯一自社で薬局を経営する企業(※日本調剤)。調剤薬局に絞って転職したい人やそもそも日本調剤を狙っている人はこのサイト。
薬剤師転職ドットコム 株式会社メディウェルの提供サービス。メディウェルは医師の転職事業など医療職の転職支援に強みあり。求人数ではやや見劣りするが安定した人気は健在。



>>薬剤師さんの転職は大手の転職エージェントの利用が必須!<<


薬剤師の不足状況は地域によって異なる!

現状の薬剤師転職市場を見てもわかりますが「薬剤師が不足している事」は確かです。 もっと正確に言うと「薬剤師人口が集中している地域と不足している地域がばらついていて、地方都市をはじめ薬剤師不足の地域の現状は深刻」という状況です。

地方都市などの薬剤師が不足している地域では高額とも言える時給を支払い、条件等をよくして薬剤師を躍起になって集める地域もあれば、東京都心ではそう好条件でなくても薬剤師が集まりやすいというのが現実です。売り手市場とささやかれている薬剤師ではありますが、都市などでは実はそうではない薬剤師も事実存在する事から、すべての薬剤師において売り手市場というのも当てはまらないという事も言えます。

実際に薬剤師転職エージェントのサイトを検索してみましょう。地方都市などでは「年収800万」「時給4500円」などかなり高給与なものがあります。特に沖縄などの離島や過疎化が進む地方都市はこの傾向が強いです。一方で都心では地方都市よりも低い年収などの求人も目立ちます。一時的に稼ぐために地方へ移動する薬剤師がいるというのも事実です。

どんな求人に応募するにも一度は薬剤師専門の転職エージェントを利用し、在籍するコンサルタントの力を借りる事で転職活動を加速させられるということは忘れないようにしましょう。

薬剤師転職エージェントを使えば「正社員」も「パート」もok!

薬剤師は全体の7割を女性が占める職業ですから、家庭生活との両立を考慮した就業環境を求めてパートを希望する人も少なくありません(正社員だと安定した雇用環境で働けるのはよいのですが、その分残業や休日出勤などが求められる機会が多くなります)。薬剤師は正社員もパートも求人は豊富で、無理に正社員としての雇用にこだわる必要がないのは職種としてのメリットです。上記で説明してきた転職エージェントに相談をすれば雇用形態についても相談に乗ってくれますし「正社員」も「パート」もどちらでも仕事の紹介が可能です。

薬剤師転職エージェントに登録すればわかりますが、職種によって正社員の求人が多いところとそうでないところがあります。例えば製薬会社の求人は求人自体が少ない上にパート求人がほとんどないため、正社員の募集ばかりとなっています。新薬開発やMRのように専門的なスキルを求められる業務が多くなるため、正社員として雇用し長期的なプロジェクトに従事させたり、教育・育成を行っていったりする必要があるからです。ただし、製薬会社からの正社員の求人は年齢制限が設けられていることが多く、ほとんどの求人では30代半ばくらいまでが上限となっています。それ以上の年齢ではすでに同じ分野における一定のキャリアが求められます。一方で、調剤薬局やドラッグストアなどは正社員の求人は欠員補充の形で行われる事が多くパートの求人も多いという特徴があります。病院や治験関連、医療機器メーカーなども比較的正社員雇用が多いです。

「正社員」でも「パート」でも雇用形態に正解はありません。薬剤師さん個々の状況にマッチした職場環境であれば雇用形態はどちらでもいいででしょう。ただし、正社員として採用された場合は、職場に不満を感じたからといってすぐに退職するわけにはいきません。職場に迷惑をかけてしまうだけでなく、本人のキャリアにもマイナスになってしまい、次の転職の際に足を引っ張られてしまいます。そうならないためにも正社員の求人探しではとりわけひとつひとつの情報をしっかり吟味して長期間働けるところを選ぶことが大切です。給料だけでなく勤務時間や福利厚生、手当といった幅広い面を考慮したうえで判断していくようにしましょう。また、職場の雰囲気や人間関係が自分に合いそうかどうかを求人情報から確認するのは難しいので、転職エージェントに登録し担当のコンサルタントからそうした細かな情報を教えてもらうのも大切です。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.