メディカル・プラネット

メディカル・プラネット

薬事法などの改正に伴い、薬剤師を取りまく環境が大きく変化しています。第一には薬剤師の独占業務が明文化されたことでしょう。これにより薬剤師の活躍の場がぐんと広がりました。また改正に先立って設立された6年制の新薬剤師が来春には社会に巣立ちます。メディカル・プラネットは、こうした時代背景を確実にキャッチし、転職サービスに反映させ、さまざまなフィールド持つ薬剤師の転職サポートしているサイトです。

メディカル・プラネットが最も大切にしていることは、登録した転職希望者の一人一人が、転職に何を求めているのかを理解することです。

そのため、登録後はまず適性検査を行っています。セルフチェックすることで未経験の業務や苦手分野を確認し、同時に自分でも気がつかなかった分野への隠された能力も発見できます。これらから得た情報と希望分野を考慮し、キャリアコンサルタントとよく話し合いながら、多彩な活躍の場と分野を一緒に考えていきます。

ちなみに薬剤師転職のフィールドは、製薬メーカー、CRC(治療コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)、PMS(市販後調査)、病院、調剤薬局、ドラッグストアー、官公庁、化学・食品、教職、調剤薬局などがあります。中には薬剤師自身が知らなかったという職場・職業もあります。

登録後から入職までのコンサルティングサービスも、適した転職を得るために、自分を正確に知ることから始められます。

1.自分を知る:自分を客観的に見るため、適性検査を実施しています。薬剤師の活躍の場は広く、どの分野に向いているかを、自分を客観視して見極めます。

2.マイページ機能の利用:求人の検索、希望情報の保存、職務経歴書の作成ツールなどが用意されています。

3.相談ベースで面談:コンサルタントと話していく中でキャリアプランが明確になっていきます。希望通りの転職を実現させる人、自分でも知らなかった能力を見つけ、新分野へ飛び立つ人、さまざまな分野に転職を実現させています。

4.転職に役立つ情報も満載:転職Q&Aや転職豆知識の紹介、面接の秘訣や応募書類の書き方など、即役立つ情報をまとめています。

その他、相談登録会・各種セミナー・試験対策講座・各種イベントメールマガジン発行などをおこなっています。

次に大切なのは情報の収集です。これは求人情報だけでなく、薬剤師の上位資格や持っていると役立つ資格などを含みます。

ちなみにプラスアルファの主な資格は以下の通りです。
生涯研修認定薬剤師(財団法人日本薬剤師研修センター認定)、認定薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師、指導薬剤師(平成18年に発足した新資格。新薬学教育制度により必修になった薬学生の実務実習を指導する薬剤師のこと)、専門薬剤師(最高位に位置する資格)、健康管理士一般指導員(教育給付金付制度があります)。

薬剤師の転職はキャリアアップのチャンスでもあります。新資格や新分野が続々登場し、薬剤師をかこむ環境はめまぐるしく変貌し続けています。メディカル・プラネットは時代を敏感に呼吸し薬剤師転職をサポートしています。





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2018 薬剤師転職エージェントランキング All Rights Reserved.